ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2016年07月13日 17時00分 UPDATE

日産、自動運転車「セレナ」8月発売 渋滞する高速道路で先行車を自動追従

日産が、自動運転技術「プロパイロット」を搭載したミニバン「セレナ」を8月下旬に発売。高速道路の単一車線で、ハンドル操作やブレーキを自動的に制御する。

[ITmedia]

 日産自動車は7月13日、自動運転技術「プロパイロット」を搭載したミニバン「セレナ」を8月下旬に発売すると発表した。高速道路の単一車線で、ハンドル操作やブレーキを自動制御し、ドライバーの運転をサポートするという。価格は300万円以下となる予定。

photo 自動運転技術「プロパイロット」を搭載したミニバン「セレナ」

 高速道路の単一車線で、渋滞時と長時間の巡航走行時、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御するシステム。ドライバーが設定したスピード(時速約30〜100キロ)の範囲内で、先行車両との車間距離を一定に保ち、車線中央を走るようにステアリング操作をコントロールする。

photo

 先行車両が停車すると、自動的にブレーキをかけて停車。車両が停止中は、ドライバーがブレーキを踏むことなく停止状態を保つ。先行車両が発進した際は、ドライバーがレジュームスイッチを押すかアクセルペダルを軽く踏むと、追従走行を再開するという。

 今回のプロパイロットは高速道路の単一車線のみだが、2018年には高速道路で自動車線変更を、2020年までには交差点を含む一般道での自動運転技術を投入予定としている。

photo ブレーキやステアリングの制御技術
photo 画像認識技術を活用し、周囲の状況を把握
photo 先行車両の動きなどに合わせ、停止/自動追従する
photo プロパイロットの状態を表示するディスプレイ
photo
photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.