ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2016年07月26日 12時40分 UPDATE

スバル新型「インプレッサ」公開 歩行者守るエアバッグ標準搭載

富士重工業が、2016年秋に発売予定の新型「インプレッサ」の国内仕様を公開。衝突時に歩行者を守るエアバッグを搭載するなど、安全性能の向上を目指した。

[ITmedia]

 富士重工業は7月26日、2016年秋に発売予定の新型「インプレッサ」の詳細を公開した。セダンタイプの「G4」、5ドアハッチバックの「SPORT」の2種類を用意。衝突時に歩行者を守るエアバッグを全車に搭載するなど、安全性能を向上させたという。価格は未定。

photo インプレッサ

 カメラで前方を監視し、万が一の際に自動ブレーキで衝突を回避する機能「アイサイト」に加え、ボンネット部分に歩行者保護エアバッグを標準搭載。車体には「SUBARU GLOBAL PLATFORM」と呼ばれる新型のフレーム構造を採用し、衝突時のエネルギー吸収量を従来の1.4倍にするなど、安全性能を高めたという。

photo 歩行者保護エアバッグを標準搭載
photo SUBARU GLOBAL PLATFORM

 ボディとサスペンションの剛性も向上し、振動や騒音を抑え、快適な乗り心地を実現したという。車体のサイズは「G4」が4625(全長)×1775(全幅)×1455(全高)ミリ、「SPORT」が4460(全長)×1775(全幅)×1480(全高)ミリ。ホイールベースは両タイプともに2670ミリ。

photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.