ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2016年09月30日 12時23分 UPDATE

次期iPhoneは「ジェットブラック」の人気を受け、光沢のあるガラスケースに?──KGI予測

Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、次期iPhoneはガラス筐体に戻ると予測した。iPhone 7/7 Plusのジェットブラック人気を受け、量産可能で傷つきにくい光沢仕上げをガラスで実現するという。

[ITmedia]

 米Appleの次期iPhoneについて、Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が9月29日(現地時間)に新たなレポートを発表した。米MacRumorsが報じた。

 筐体は「iPhone 4」や「iPhone 4S」のように前面と背面にガラスを採用し、アルミ/ステンレスのフレームが付くという。フレームは、上位モデルのみステンレスを採用する。

 jet 1 前面と背面がガラス加工の「iPhone 4」

 ガラスを採用するのは、現行の「iPhone 7/7 Plus」のジェットブラックの人気を受けてのことという。ユーザーが光沢仕上げを好むことが確認できたが、金属で光沢仕上げを実現するのは量産では困難なため。また、ガラスであればジェットブラックより傷つきやすくならない。

 jet 2 iPhone 7のジェットブラック

 クオ氏は以前、次期iPhoneのハイエンドモデルは5.8インチの曲面OLED(有機ELディスプレイ)を搭載し、筐体はガラスになるとレポートしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

ピックアップコンテンツ

- PR -