ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月28日 17時54分 UPDATE

まるで動くTシャツ柄 服などに映像をぴったり投影できる「ダイナミックプロジェクションマッピング」、東大が開発

素早く動かしている紙や洋服に映像を投影できるプロジェクションマッピング技術を、東京大学の石川渡辺研究室が開発。YouTubeに動画を公開している。

[ITmedia]

 ひらひらと動かした紙や洋服の表面に、ぴったりと張り付いたように映像を映し出せる――東京大学の石川渡辺研究室が、そんなプロジェクションマッピング技術のデモ動画をYouTubeに公開している。

photo まるで動くTシャツ柄のように見える
photo

 同研究室が開発した「ダイナミックプロジェクションマッピング」は、静止している物体に限らず、素早く動いている柔らかい物体の表面に映像を投影できる技術。あらかじめ投影先の物体に、人間には見えない赤外線マーカーを格子状にプリント。近くに設置したカメラがマーカーの動きをトラッキングし、そのゆがみに応じた映像を即座に作成して映し出す仕組みだ。映像生成から投影までの遅延は、最小3ミリ秒まで抑えているという。

 映像の投影には、同研究室が開発した高速プロジェクター「DynaFlash」を使用。人間が見て、投影先の物体と映像との間に違和感がないように、最大1000fpsという高フレームレートの映像を映し出せるという。

photo
photo 格子状に赤外線マーカーを印字
photo 近くに置いたカメラでトラッキング

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -