ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年11月21日 09時45分 UPDATE

Intel、人工知能プラットフォーム「Nervana platform」発表

Intelが、人工知能(AI)向け包括プラットフォーム「Nervana platform」を発表し、Xeon、Xeon Phiを含むAIプロセッサのロードマップを披露した。

[ITmedia]

 米Intelは11月17日(現地時間)、サンフランシスコで開催の人工知能(AI)関連イベント「AI Day」を開催し、同社のAI戦略について発表した。

 ブライアン・クルザニッチCEOは「IntelはAIにコミットしており、企業と社会のためのAIを推進する技術と開発リソースに投資していく」と語った。

 intel 1 ブライアン・クルザニッチCEO(左)とNervanaのナヴィーン・ラオCEO(右)

 まず、包括的なAIプラットフォームとしての「Intel Nervana platform」を発表した。同社が8月に買収したディープラーニング企業Nervanaの技術をベースにした、高速で使い勝手の良いAIに高度に最適化した土台としている。同プラットフォームには、「Xeon」や「Xeon Phi」も含まれる。

 2017年前半には、Nervanaのディープラーニング向けアクセラレータチップ「Lake Crest」(コードネーム)を投入する。このチップは特にニューラルネットワークに最適化される。XeonにNervanaの技術を統合した「Knights Crest」(コードネーム)も開発する(投入時期は不明)。

 次世代Xeon Phiプロセッサ「Knights Mill」(コードネーム)も2017年中に提供する計画。同プロセッサはディープラーニング向けで従来製品の4倍の性能を発揮するという。

 同社はまた、次世代Xeon「Skylake」(コードネーム)は既に一部のクラウドサービスプロバイダー向けに出荷を開始していることも発表した。

 intel 2

 AI Dayでは、IntelとGoogleのAI分野での提携も発表された(別記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.