ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月08日 13時00分 UPDATE

ソニー、スマホとカードゲームを連携させる「Project FIELD」開発 第1弾は「妖怪ウォッチ」

ソニーがトレーディングカードゲームとスマートフォンアプリを連携するプラットフォームを開発。

[ITmedia]

 ソニーは12月7日、スマートフォンやタブレットとカードゲームを連携させるプラットフォーム「Project FIELD」(プロジェクト フィールド)を開発していると発表した。専用デバイスでカードの種類や位置などを読み取り、ゲームアプリに反映できるという。第1弾コンテンツとして「妖怪ウォッチ」を開発する。

photo

 カードを読み取る専用デバイス(パッド)とスマートフォンなどをBluetoothで接続し、デバイスの上に対応カードを乗せると、カードの種類や位置、向き、動きを読み取ってリアルタイムにゲームアプリへ反映できる仕組み。カードにはICチップが内蔵されており、ゲームの進行状況やキャラクターなどのデータを書き込めるという。

 パッドには位置検出センサー、IC読み取り装置、LED、Bluetoothモジュールなどを搭載。1台のスマートフォンにつき2台のパッドを接続可能で、複数人バトルや、多くのカードを使用するゲームにも対応する。ソフトウェア開発キット(SDK)も開発中で、準備でき次第配布予定という。

photo

 ソニーは、スマートデバイスへのサービス展開を目的に設立したソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)子会社のフォワードワークスと協業し、Project FIELD向けコンテンツの拡充を図る。第1弾として「妖怪ウォッチ」シリーズの新タイトルを開発中という。

photo

 ソニーField事業室の坂本和之さんは「アナログな体験とデジタルな遊びの融合による、新しいゲーム体験を子どもたちに提供したい」と同社公式ブログでコメントしている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.