ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月13日 16時38分 UPDATE

走行実績から新しい道路開通を検知 KDDI、カーナビアプリに機能追加

新しい道路が開通すると、自動で地図に反映する機能が、KDDIとナビタイムジャパンのカーナビアプリに追加。

[ITmedia]

 KDDIとナビタイムジャパンは12月13日、両社のカーナビアプリ「au助手席ナビ」「auカーナビ」「カーナビタイム」などに、新しい道路を自動で地図に反映する機能を追加した。これまでは年6回のペースで地図を更新するなどしていたが、最短で開通の翌日に道路を反映できるという。カーナビアプリとしては、国内初の取り組み(ナビタイムジャパン調べ)。

photo 最短だと開通の翌日から、新しい道路を反映したルート検索やナビゲーションが利用可能に

 カーナビアプリを利用する自動車が送信するGPS測位データ(プローブ交通情報)を分析。道路がなかった場所に一定数以上の走行実績ができるなどの条件を満たすと、新しい道路が開通したと判断し、地図上に反映するという。アプリを使っているユーザー本人の利用実績だけでなく、他のユーザーの走行実績も活用する。

photo 走行実績から新しい道路が開通したと判断

 最短だと道路開通の翌日から、新しい道路を反映。一般国道、主要地方道、都道府県道、市町村道の開通に対応する。ただ、私有地内の道路や、走行実績が少ない道路、低速でしか走れない道路などは、反映できない場合があるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.