ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月05日 16時17分 UPDATE

CES 2017:AIで感情を読むクルマ「TOYOTA Concept-愛i」登場 疲れ具合で自動運転も提案 (1/2)

ドライバーの感情や疲労度を読み取り、運転をサポートするAI搭載のコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」をトヨタ自動車が発表。

[ITmedia]

 トヨタ自動車が、人工知能(AI)技術を搭載したコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」を家電見本市「CES 2017」(1月5〜8日、米ラスベガス)に出展する。ドライバーの感情を読み取り、自動運転への切り替えを促したり、リラックスさせたりする機能を備えるという。数年内に実証実験を行い、一部機能を搭載した車両を日本の公道で走らせる予定。

photo TOYOTA Concept-愛i
photo

 コンセプトカーは丸みを帯びた近未来的なデザインで、車体の外装までインパネ(運転席前面のパネル)がシームレスにつながるようなスタイルが特徴。AI技術を搭載し、ドライバーの表情や動作、覚醒度をデータ化したり、SNS発信、行動・会話履歴を基に好みを推定したりするなど「人を理解する」ことを目指すという。

photo 丸みを帯びた近未来的なデザイン
photo 車体の外装までインパネがシームレスに

 読み取ったデータは自動運転技術と連携。クルマの周辺状況に加え、ドライバーの感情や自動運転への信頼度をモニタリングし、道路の外を走るなどの危険な状態になると自動運転モードに切り替える。ドライバーのストレス状態をチェックし、運転に不安を感じている際などにも自動運転への切り替えを提案するという。

 このほか、ドライバーの好みに応じた話題や関心が高いニュースをクルマ側から提案したり、感情に応じて少し遠回りしてでも楽しめるルートを教えたりする機能も。ドライバーの視覚や触角を刺激して目を覚ましたり、暖色系の光やラベンダーの香り、ゆったりした楽曲でリラックスさせたりする機能も備えるという。

 外装サイズは、約4430(全長)×約1830(全幅)×約1475(全高)ミリ。ホイールベースは2700ミリ。乗車人数は4人。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.