ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月06日 09時23分 UPDATE

「ローグ・ワン」のグランド・モフ・ターキン“メイキング”をABC Newsがレポート

「スター・ウォーズ」のスピンオフ作品「ローグ・ワン」の高度なVFXの現場を取材した動画がYouTubeで公開された。故人となった俳優が演じているように見える人物のメイキングの過程を見ることができる。

[ITmedia]

 人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新スピンオフ作品「ローグ・ワン」のVFXの現場を取材した動画を、米ABC Newsが公式YouTubeチャンネルで1月5日(現地時間)に公開した(記事末に転載)。

(ややネタバレ注意)

 1994年に亡くなった俳優、ピーター・カッシングさんが演じているように見えるグランド・モフ・ターキンの制作方法などが紹介されている。

 同シリーズのVFXを担う米Lucasfilm傘下のIndustrial Light & Magic(ILM)を訪問したABC Newsのクレイトン・サンデル氏がILMのVFXスーパーバイザーのジョン・ノール氏にインタビューした。ノール氏は米Adobe Systemsの「Photoshop」の生みの親の1人でもある。

 tarkin 1 ILMのジョン・ノール氏(右)

 動画では、ターキンが完全CGではなく、骨格などがカッシングさんによく似た英国人俳優のガイ・ヘンリーさんの演技を取り込んで加工していく様子が紹介されている。

 tarkin 2 顔の動きを録画するシステム

 亡くなった俳優を“再生”することについて倫理的な問題を感じないのかという質問にノール氏は「この作業は多大な愛情と気遣いを持って行われた。(中略)この作品でのターキンの役は、ピーターだったらとても演じたかったものだと思う」と答えた。

 ローグ・ワンでは故キャリー・フィッシャーさんが演じたレイア姫も登場する。こちらも別の女優の演技をCG化したものだ。映画公開の段階では存命だったフィッシャーさんにはこの作業について事前に了承を得ており、完成品を見たフィッシャーさんは「気に入っていた」とノール氏は語った。

 スター・ウォーズの次回作(エピソードVIII)にもレイア姫は登場するが、同作の撮影は既に終了している。問題はその次のエピソードIXだ。米Holleywood Reporterによると、エピソードIXは脚本段階でレイア姫は重要な役として登場する場面が多数あり、このまま進めるか、CG化するかはまだ決まっていないという。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -