ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月06日 11時34分 UPDATE

CES 2017:自立するバイク「Honda Riding Assist」登場 「ASIMO」のバランス制御を応用

ライダーがバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保ち、転倒を防ぐ「Honda Riding Assist」を、ホンダがCES 2017に出展している。

[ITmedia]

 本田技研工業(ホンダ)は1月5日(現地時間)、ライダーが乗っていても、乗っていなくても自立できるバイク「Honda Riding Assist」を家電見本市「CES 2017」(1月8日まで、米ラスベガス)で初公開した。

photo Honda Riding Assist

 同社が二足歩行型ロボット「ASIMO」などの研究で培ったバランス制御技術を二輪車に応用。ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保ち、低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒を防ぐという。

 ホンダはこのほかに、人工知能(AI)技術「感情エンジン HANA」や自動運転機能を搭載するコンセプトカー「Honda NeuV」を出展。ドライバーの表情や声の調子からストレス状況をAIが判断し、安全運転をサポートするという。ドライバーのライフスタイルや好みを学習し、状況に応じてさまざまな提案をする機能も備えるとしている。

→・“ホンダの倒れないバイク” あまりの大反響に中の人が「びっくり」 開発の狙いは(動画あり)

photo Honda NeuV

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.