ニュース
2017年01月06日 13時34分 UPDATE

全天球映像を24時間ライブストリーミング 「RICOH R」発売へ

リコーは、360度の全天球ライブストリーミングが24時間連続で可能なカメラ「RICOH R Development Kit」の出荷を春に始める

[ITmedia]

 リコーは、360度の全天球ライブストリーミングが24時間連続で可能なカメラ「RICOH R Development Kit」の出荷を春に始めると発表した。米ラスベガスで開催中の「CES 2017」にプロトタイプを出展している。

画像
画像

 全天球写真を撮影できる「THETA」シリーズと同様のスティック状デザイン(幅46×高さ118×奥行き16.6ミリ)。2K(1920×960ピクセル)/30fpsの全天球映像を撮影できる。

 撮影した映像は、カメラ内でリアルタイムに全天球映像の標準フォーマット「Equirectangular Projection Format」に合成する。映像はHDMIかUSBでPCやテレビに出力でき、マイクロSDカードに記録することもできる。

 ACアダプタを使用すれば24時間の連続で稼働させられ、PC経由で24時間ライブストリーミングすることも可能。映像コントロールツールのソースコードも公開する予定だ。

 全天球動画のライブストリーミングは、エンターテイメント用途に加え、別の空間にあるものを、あたかも直接体感しているかのような臨場感で体験する「テレイグジスタンス技術」など幅広い分野で活用できると期待。新製品は、用途開発向けの開発キットとして出荷する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -