ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2017年01月10日 15時25分 UPDATE

新MacBook Proの修理受付がいまだに始まらない理由

昨年10月から出荷されているLate 2016のMacBook Proだが、修理が受け付けられない状況だ。様々な憶測を呼んでいるが、MACお宝鑑定団ではその理由を探り当てた。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが2016年10月から出荷開始したMacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 Ports) をはじめ、11月から出荷を開始したMacBook Pro (13-inch, Late 2016, Four Thunderbolt 3 Ports) 、MacBook Pro (15-inch, Late 2016) の修理サービスに関して、当初、12月13日より、MacBook Pro (Late 2016) に対応したOSベースの診断ツール「Apple Service Toolkit」を提供するはずだったのが、いまだに提供されていない状況だ。MacBook Pro (Late 2016) の故障箇所を特定することができないため、修理受付が行えない状況が続いているようだ。

photo Apple Service Toolkit
photo Gateway Manager

 Appleでは、このApple Service Toolkitに含まれる「Mac Resource Inspector」の診断結果を元に該当修理部品の発注を行う仕組みのため、診断できない状態で修理受付したとしても、先に進むことができず、修理が現実的に行えない状況のようだ。

photo Mac Resource Inspector

 修理分解を行うための道具や修理部品の準備は出来ている状態で、Apple Service Toolkitの更新待ちという感じだが、ひょっとすると「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」の診断に使用する診断ツール更新に時間がかかっているのかもしれない。

photo 責任の制限

 なお、非常に修理期間が長くなり、使用機会の喪失が生じたとしても、Apple製品1年限定保証の「責任の制限」の内容として、一切その責任を負わないと記載されていた。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.