ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月16日 17時22分 UPDATE

三浦九段の将棋ソフト“不正使用疑惑”、日本将棋連盟が第三委報告書をWeb公開

日本将棋連盟が三浦弘行九段の将棋ソフト不正疑惑について、第三者委員会による報告書の要約を公開。40ページ以上にわたり、調査結果が細かく掲載されている。

[ITmedia]

 プロ棋士の三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを不正使用した疑いをめぐり、日本将棋連盟は1月16日、第三者調査委員会による報告書の要約をWeb上で公開した

photo 日本将棋連盟のWebサイトより

 三浦九段の疑惑は、公式戦の対局中にスマートフォンなどを使い、将棋ソフトの指し手を参考にしたというもの。連盟は昨年10月、三浦九段に対し、年内の公式戦出場を停止する処分を下した。だが12月には第三者調査委員会が「不正に及んだと認めるに足る証拠がない」と発表した(関連記事)。

photo 三浦九段(日本将棋連盟のWebサイトより)

 報告書の要約は40ページ以上。三浦九段が連盟に提出したスマートフォン、PCなどの使用状況のほか、疑惑の根拠とされた「約30分間の離席」が事実誤認だったことなど、調査結果を細かく掲載している。

 連盟の谷川浩司会長は「報告書の内容を真摯(しんし)に受け止め、将棋界の正常化、棋士が盤面だけに集中できる環境作り、将棋ファンの皆様に真剣勝負を楽しんでいただけるように努める」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.