ITmedia NEWS >
フレッシュサマリ
Special
2017年02月03日 10時00分 UPDATE

Pepperともっと自然な会話を Watson日本語版と連携する接客サービス「eレセプションマネージャー for Guide」

[ITmedia]
PR

 接客用や受付用に設置しているロボット「Pepper」に、もっと自然な会話をさせたい――そんな企業のニーズに応えるサービスが登場した。ソフトバンクのパートナー企業であるソフトブレーンが開発した「eレセプションマネージャー for Guide」だ。

photo eレセプションマネージャー for Guideの活用イメージ

 eレセプションマネージャー for Guideは、IBM Watson日本語版とソフトブレーンが開発したアプリを組み合わせたサービス。店舗などでユーザーが行きたい場所や知りたい情報をPepperに伝えれば、Watsonの音声認識技術や自然言語解析技術で問い合わせ内容を認識し、Pepperの音声や胸元のタブレット画面で適した回答を示してくれるという。

 企業の受付で使いたければ、ソフトブレーンの受付用アプリ「eレセプションマネージャー」と組み合わせればいい。顧客情報と連動し、来客それぞれに合わせたあいさつや社内担当者への通知を行えるという。

 利用料金は、Pepper1台で使う場合は6万5000円/月(2台目以降は3万5000円/月)。eレセプションマネージャーの既存ユーザーならPepper1台当たり2万円/月のオプション価格で利用できる。

ITmedia ニュース編集部の「ここがポイント」

店舗の接客用途などで見かけることが増えてきたPepper。このeレセプションマネージャー for Guideを組み合わせれば、IBM Watson日本語版による自然言語解析を用いて「より自然なコミュニケーション」を目指すことができます。

ロボットを用いた接客・受付サービスを提供する上で、最も大切なのは「顧客がどう感じるか」。人手を介さない新しい形の“おもてなし”を実現するためには、こうしたAIサービスをいかに活用できるがカギになるでしょう。

特集INDEX

Business AI Today

日々進化する人工知能(AI)は本当に仕事で役立つのか?実践的な話題を紹介


次世代ビジネスオーディション

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ソフトバンク株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2017年2月16日