ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年02月22日 12時26分 UPDATE

新型「Fire TV Stick」日本発売 音声認識リモコン付き Jリーグ開幕には間に合わず

新型の「Amazon Fire TV Stick」の予約受付がスタート。出荷は4月6日からで、今季のJリーグの開幕には間に合わなかった。

[ITmedia]

 Amazon.co.jpは2月22日、新型の「Amazon Fire TV Stick」の予約受付を開始した。処理速度を向上させたほか、音声認識リモコンが標準で付属する。出荷は4月6日から。4980円(税込)。

画像 商品ページより
画像

 テレビのHDMI端子に挿せば、Amazon VideoやHulu、dTV、Netflix、AbemaTV、DAZNなど対応の映像配信サービスがテレビで楽しめる端末。米国では昨年10月に発売されたモデルで、日本では半年遅れの投入だ。

 CPUにクアッドコアのMediaTek Quad-core ARM(1.3GHz)を採用し、処理速度は最大30%高速化した。無線LANはIEEE 802.11ac MIMOに対応。音声でコンテンツ検索できるリモコンが標準で付属する。

 DAZNは今シーズンから「スカパー!」に代わってJリーグの全試合を独占中継する予定。これに伴い、Fire TV Stickの旧モデルに年明けごろから“特需”が発生し、品薄になっていた。新モデルの出荷は、今季のJリーグが開幕する2月下旬には間に合わなかった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.