ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2017年05月02日 06時22分 UPDATE

Apple版「Amazon Echo」、WWDCで発表か KGI予測

Apple製品予測で定評のあるアナリスト、ミンチー・クオ氏が、Siri搭載ハイエンドWi-Fiスピーカーが6月開催のWWDCで発表されると予測した。

[ITmedia]

 米Appleは6月開催の年次開発者会議WWDC17で、米Amazon.comの「Amazon Echo」や米Googleの「Google Home」と競合するSiri搭載AIアシスタントスピーカーを発表し、年内に発売する可能性があると、Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が予測した。米MacRumorsが5月1日(現地時間)に伝えた。

 Siri搭載スピーカーについては2016年5月からうわさが出ていた

 クオ氏はこの製品がWWDCで発表される可能性は「50%より高い」としている。

 同氏によると、このスピーカーはウーファー×1、ツイーター×7を搭載し、性能は「iPhone 6/6s」レベルと高性能で価格はAmazon Echoより高くなるという。

 オーストラリアでうわさサイトを運営するソニー・ディクソン氏は4月28日、AppleのEcho対抗スピーカーは「AirPlay」機能があり、Apple傘下のBeatsの技術を採用しているとツイートした。

 Amazon Echoは2014年の発売、Google Homeは2016年の発売だ(いずれも日本では未発売)。本稿執筆現在、Amazon Echoの米国での販売価格は179.99ドル、Google Homeは114ドルだ。

 siri 1 Amazon Echo
 siri 2 Google Home

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.