ITmedia NEWS >
ニュース
2017年05月06日 06時19分 UPDATE

マストドンつまみ食い日記:Twitter難民のための新しい避難所、マストドン

TwitterやFacebookからの脱中央集権を目指すマストドンだが、とりあえず避難所として機能することは実証されたようだ。

[松尾公也,ITmedia]

 5月5日午後1時ごろ、Twitterが落ちた。ひさしぶりのことだ。そういうときの避難場所としてかつて使われていたのはWassrだったり、FriendFeedだったりしたのだが、今はマストドンになったようだ。

photo 「Twitter落ちた」のトゥートで溢れたマストドン

 Twitterが落ちることに慣れていない最近のユーザーは、Twitterが落ちていることをつぶやこうとしてそれができないことを知る。一部のTwitterユーザーはそれを語るための場所としてマストドンを思い出し移動、または新規にアカウントを作るといった動きが見られた。

 Twitter復帰直後のツイートを目視で確認したところ、避難所として自分が使っていた、または使えることを認識していると言及したSNSはほとんどがマストドンだった。そのうちまだアカウントを持っていないユーザーからは、そのためにマストドンの導入を検討しているという発言も見受けられた。

マストドンは「Twitter落ちた」って呟くためのSNSだったのか

マストドンはTwitterの上位互換

Twitter落ちたからマストドンに群がってる

Twitterが落ちたときのためにマストドンアカウント作るか

Twitter落ちたときのためだけに導入を検討してる

Twitter落ちたとき専用のインスタンス、需要ありそう

 一方、主要インスタンスのタイムラインは「Twitter落ちた」トゥートで溢れた。「避難してきた」という投稿、Twitterからの避難のためにアカウントを作ったというトゥートも多数見られた。

 Twitterの避難所として認識されたとしてもその未来は決して明るいものではない。国産ミニブログのWassrは2012年10月に閉鎖、FriendFeedは2009年8月にFacebookに買収された。

photo かつてFriendFeedはTwitterダウン時の避難所だった

 ところで、昨日のマストドンつまみ食い日記で報告した、米国の女性YouTuber、ジニーさんがぼくのホームタイムラインに現れて、ウーゴさんと話をしていた。彼女のkitty.townインスタンスはMasto.hostを使っているのだ。

 いろいろとつながってきた気がする。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.