ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年05月16日 15時24分 UPDATE

エヴァ操縦できるVR「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」今夏登場

「LCL」の注水や「A10神経接続」「シンクロ率計測」など、劇中のシーンを再現するという。

[ITmedia]

 バンダイナムコエンターテインメントは5月16日、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の世界観を体験できるVR(仮想現実)ゲーム「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」を、今夏オープン予定のエンターテインメント施設「VR ZONE Shinjuku」(東京都新宿区)に登場させると発表した。「エヴァの操縦体験はVR史上初」(同社)という。

photo バンダイナムコエンターテインメントの公式サイトより

 VRゲームを開発する同社プロジェクト「Project i Can」の最新作。VR空間で、エヴァンゲリオンのコックピット(魂の座)を再現。ユーザーは、専用の筐体(きょうたい)に乗り込み、巨大なエヴァを操縦している感覚を味わえるという。

 「LCL」と呼ばれる液体がコックピット内に注がれるシーンや、パイロットとエヴァの「A10神経接続」「シンクロ率計測」、敵である「第10使徒」とのバトルまでを「圧倒的な臨場感で体験できる」(同社)としている。

photo

 VR ZONE Shinjukuは、今年夏に東京・新宿に期間限定でオープンする施設。14年に閉館した複合施設「TOKYU MILANO」跡地を利用する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.