ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年05月23日 12時55分 UPDATE

耳にはめるだけ、個人認証や位置特定「ヒアラブルデバイス」 NECが新開発

スマホとは違い、手を使ったり、視界を遮ったりしないのが特徴だ。

[ITmedia]

 NECは5月23日、耳にはめるだけで個人認証したり、位置情報を測定したりできるイヤフォン型端末「ヒアラブルデバイス」のプロトタイプを開発したと発表した。得られた生体情報や移動情報をさまざまなサービスに利用できるとしている。スマートフォンと異なり、画面を見たり触ったりする必要がないのが特徴。

photophoto ヒアラブルデバイス

 耳の穴で反響した音の違いによって、個人を判別する「耳音響認証技術」を採用。手動で操作したり、視界を遮ったりすることなく個人認証ができるという。

photo 耳音響認証技術

 マイク、スピーカーに加え、加速度やジャイロ、地磁気を検知する9軸モーションセンサーを搭載。顔の向き、姿勢、移動情報などを常時検出できるという。地磁気情報を活用し、GPS信号が届きにくい屋内でもユーザーの位置を推定できるとしている。

 耳に取り付けるため、手首や首などに装着するデバイスと比べると、揺れやノイズの影響が少なく、姿勢の変化などを安定して捉えられるという。将来的には、脈波などの収集もできるようにする。

 Bluetooth接続したスマートフォンなどを介して、クラウドとも連携。耳元で収集した生体情報や音声、移動情報などを、さまざまなサービスに利用できると見込む。スマホ画面を見る必要がないため「歩きスマホ」の対策にもつながるとしている。

 NECは2018年度内に、個人認証技術や位置測位技術、音響技術などを組み合わせた「ヒアラブルデバイス」プラットフォームを事業化する計画。今回開発した端末を活用し、サービス事業者やデバイスメーカーとの共同実験を加速させるという。

 同端末は「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」(5月24〜26日、東京ビッグサイト)、「Interop Tokyo 2017」(6月7〜9日、千葉・幕張メッセ)に出展される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.