ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年06月01日 14時26分 UPDATE

国内初の“3画面映画館” ユナイテッド・シネマが導入

正面と左右にスクリーンを備える「ScreenX」が、映画館「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」に導入される。270度の視界で映像を楽しめるという。

[ITmedia]

 ユナイテッド・シネマは6月1日、正面と左右側面にスクリーンを備える3面映画上映システム「ScreenX」を「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」(東京都港区)に7月1日に導入すると発表した。同様のシステムは日本初(同社調べ)。

photo

 映画のシーンに応じ、正面のみと3面で映し分ける。観客は最大270度の視界で映像を見ることができ、「映画の世界に自分の感覚が没入していくような体験が可能になる」としている。

 同技術は、韓国の映画配給会社CJ CGVが開発。2015年に韓国で初めて導入され、米国、中国など世界108カ国の映画館で利用されている(17年2月時点)。

photo

 ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場では、7月1日からScreenXを活用し、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」を上映する。通常料金(大人1800円、大学生1500円、中学生以下1000円、いずれも税込)に700円プラスすれば利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.