ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年06月19日 13時35分 UPDATE

ボタン押さなくても行き先階に止まるエレベーターが進化

エレベーターの利用者の行き先を事前に把握し、運行を効率化する三菱電機のシステム「エレ・ナビ」が進化。

[ITmedia]

 エレベーターの利用者の行き先を事前に把握する三菱電機のシステム「エレ・ナビ」(ELE-NAVI)が、6月19日にグランドオープンするオフィスビル「日比谷パークフロント」(東京都千代田区)に導入された。地下1階と2階という2つの出発階に対応し、運行を効率化できるという。

画像
画像

 エレ・ナビは、エレベーターの利用者の行き先を事前に把握することで、複数のエレベーターの運行を最適化するシステムで、「鉄鋼ビルディング」(東京都千代田区)などに導入されている

 日比谷パークフロントは、オフィスに向かうためのエレベーターは地下1階と2階に設けられており(1階は商業施設)、今回導入したエレ・ナビは、両階に対応した。出発階が2つあるビルは、エレベーターが両階に停止し、運行効率が低下する傾向にあるが、エレ・ナビによって最適化できるという。

 地下1階と2階にあるセキュリティーゲートで社員証などを使って個人認証する際、行き先階情報を取得。行き先階情報とゲートを通過したタイミングに基づき、同一階への利用者を同じエレベーターに案内する。

 どのエレベーターに乗車すればよいかは、セキュリティゲート通過時にディスプレイに表示。エレベーターに乗り込んだ後は、行き先ボタンを押す必要はない。乗り込むエレベーターが分からなくなったり乗り遅れた場合は、エレベーター横の操作盤で行き先階を登録する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.