ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年08月07日 19時51分 UPDATE

LINEでいじめ相談窓口、大津市が自治体初

滋賀県大津市がいじめ相談窓口に「LINE」を活用。全国の自治体では初という。

[ITmedia]

 LINEと滋賀県大津市は8月7日、LINEを利用したいじめ相談窓口を開設すると発表した。全国の自治体では初の試みという(同社調べ)。

photo

 大津市が相談用のLINEアカウントを設け、生徒が「友だち」に登録すると、チャット形式で相談できるという実証実験を行う。同市立中学校から複数の対象校を選び、友だち登録に必要なQRコードが入ったチラシを配布する。導入期間は2017年11月1日〜18年3月31日まで。

 自治体のいじめ相談窓口は電話対応がメインだが、「現代の子どもたちは電話よりもSNSを多く利用している」(LINE)という。LINEを窓口にすることで「より気軽に、小さな悩みでも相談できるようにする」狙い。有識者や専門家が実験結果を検証し、今後の本格導入につなげていく。

 両社は、LINEを使った子どものいじめ防止対策に関する連携協定を締結した。

photo 「現代の子どもたちは電話よりもSNSを多く利用している」という(総務省の資料より)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.