ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年08月25日 10時53分 公開

TOTO、ベッド脇に置いて移動できる「ウォシュレット」発売 介護の負担軽減へ

TOTOは4年ぶりに、新モデルを発表した。

[太田智美,ITmedia]

 TOTOは8月24日、ベッドサイドに後付けで設置できる水洗トイレ「ベッドサイド水洗トイレ」の新モデルを10月2日に発売すると発表した。価格は、税別39万8千円(設置・工事費別)。


TOTO「ベッドサイド水洗トイレ」

 設置の自由度が高いことから、2013年の発売以来、要介護者の排せつ自立促進・介助者の負荷軽減に用いられてきた「ベッドサイド水洗トイレ」だが、今回新たに本体後方にキャスターを設置。小型・軽量化も行われ、一人でも移動が可能になったという。


TOTO「ベッドサイド水洗トイレ」 一人でも移動が可能

TOTO「ベッドサイド水洗トイレ」 ウォシュレットが標準装備されているため、おしりを洗うこともできる

 また、室内に溶け込むよう、色を「ホワイト」から「パステルアイボリー」に変更。価格も従来品より13万円抑えられた。

 これまで困難とされてきた水洗トイレの後付けを可能にしたのは、給水と汚物を粉砕・搬送汚物搬送する独自の技術。第一弾となる同製品は、約10年以上の研究開発期間を経て作られたという。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.