ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年09月06日 12時06分 公開

JAL、機内でVRの実証実験 移動中のエンタメ充実狙い

JALやKDDIなどが、機内でVRコンテンツを視聴できるサービスの実証実験を行う。

[ITmedia]
photo

 日本航空(JAL)やKDDIなど4社は9月5日、JALチャーター便を利用した旅行ツアーの機内で、VR(仮想現実)コンテンツを提供する実証実験を10日に行うと発表した。移動時間に楽しめる娯楽の1つとして用意するという。

 阪急交通社のツアー「北から南までぐるっと巡る『火の国』アイスランド周遊9日間」(9月10日発)に参加するビジネスクラス利用の56人が対象。往路の機内でドイツやアルゼンチンの街並みなど、全5種類のVR映像を楽しめるという。

 乗客には、サムスン電子ジャパンのVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Galaxy Gear VR」とスマートフォン「Galaxy S8」を貸し出す。視聴用のスマホアプリはVRize(東京都港区)、VR映像はKDDIが手掛けた。

 「お客さまに長時間の移動中も楽しんでほしい」(JAL広報部)という。

photo

 VRコンテンツは、航空会社や高速バス事業者などが相次いで導入している。WILLER(大阪府)はKDDIと共同で、高速バスの移動中にVR映像でアーティストのライブを視聴できるサービスを2018年1月に始める。ANAセールスは、旅行者が360度カメラで撮影したVR映像を、旅行に行けない人が楽しめるサービスを9月から試験提供する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.