ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年09月21日 14時35分 公開

iOS 11のカメラ保存形式を「JPEG」「H.264」に戻す方法

Windows、Androidだけでなく現在のmacOSとも互換性がない静止画「HEIF」と動画「HEVC」がiOS 11の標準フォーマットとなった。変換して転送は可能だが、互換性を持ったフォーマットで保存するやり方もある。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 iOS 11から、A10 Fusion以降を搭載したiPhone、A10X Fusionチップ以降を搭載したiPad Proのカメラ撮影時に、保存されるフォーマット形式が、新しい画像フォーマット「HEIF」と、動画フォーマット「HEVC」に変更されている。

photo iOS 11:カメラ「フォーマット」

 旧iOS 10以下のシステムやmacOS Sierra以下のシステム、Android、Windowsなどとの互換性はない。

 設定>カメラ>フォーマットで「互換性優先」を選択すると、画像フォーマットが「JPEG」に、動画フォーマットが「H.264」に変わる。

 ストレージ使用量が増えることになるが、互換性を優先したい場合は、こちらを選択しよう。

photo iOS 11:写真「MACまたはPCに転送」

 写真App内に保存された画像フォーマット「HEIF」と、動画フォーマット「HEVC」は、設定>写真>MACまたはPCに転送を「自動」に設定することで、画像フォーマットを「JPEG」に、動画フォーマットを「H.264」に変換して転送される。

 この設定は、デフォルトで自動が選択されている。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.