ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年10月31日 08時47分 公開

マストドンつまみ食い日記:12月はマストドンの記事をたくさん読めるぞ

マストドン関連で5つのアドベントカレンダーが立ち上がっている。

[松尾公也,ITmedia]

 日本のマストドンが迎える最初の冬、アドベントカレンダーが盛り上がっている。

 アドベントカレンダーはクリスマスを迎える風習の一つで、12月1日から25日までの25回、順番に埋めていくカレンダーのこと。IT業界ではこの風習を利用して特定テーマで記事を投稿するのが近年流行している。

 インスタンスホスティングのHostdonを運営するNafさんが始めた「Mastodon Advent Calendar 2017」はインスタンス管理者やアプリ開発者などを集め、25の枠すべてが埋まってしまった。そこでもう1つ、同じテーマのアドベントカレンダーが立ち上げられた。

photo

 マストドン婚の新郎、sasachi.さんはmstdn.jpのアドベントカレンダー「mstdn.jp Advent Calendar 2017」を立て、こちらも1日で16枠に申し込みがあった。

 神崎丼のアドベントカレンダーもある。「knzk.me Advent Calendar 2017」は11枠が埋まっている。

 friends.nico住民向けは「nico.friends Advent Calendar 2017」、Pawooは「Pawoo Advent Calendar 2017」がある。

 これらのアドベントカレンダーは全てADVENTARというWebサービスが使われていて、自分で独自のアドベントカレンダーを立ち上げることも可能だ。

 この調子だと、この連載以外に毎日5本ずつ、マストドンの記事が読めることになりそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.