ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年10月31日 11時16分 公開

ヤマダ電機、EV販売へ 開発ベンチャーと資本業務提携

ヤマダ電機が、EV開発ベンチャーのFOMMと資本業務提携。全国の店舗で小型EVの販売を目指す。

[ITmedia]

 ヤマダ電機は10月31日、電気自動車(EV)開発ベンチャーのFOMM(神奈川県川崎市)と資本業務提携を結んだと発表した。ヤマダ電機の店舗ネットワークを生かし、小型EVの販売を目指す。出資額などは明らかにしていない。

 FOMMは、4人乗りのコンパクトなEVを開発する企業。水害など緊急時には車体が水に浮き、水上移動するクルマを設計。タイなどで量産計画を進めている。

photo FOMMの公式サイトより

 ヤマダ電機はEV販売のほか、グループ店舗でのバッテリー充電、カーシェアリングなどのサービス提供も検討。家電製品がネットに接続する「スマートハウス」事業とEVの融合により、環境負荷を低減する住まいづくりなど、「次世代モビリティ・ビジネスの構築を目指す」(同社)。

photo FOMMが開発している小型EV(FOMMのニュースリリースより)

 英・仏政府が2040年からガソリン車、ディーゼル車の販売を禁止する方針を打ち出すなど環境規制が進む中、自動車メーカーや他業種の企業が相次いでEV事業へ参入。英Dysonは20年までに、家電製品を手掛けたノウハウを生かしEVを独自開発するとしている(関連記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.