ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2017年11月01日 08時30分 公開

「Slack」で大規模な障害 一時アクセス不能に

11月1日午前8時ごろから、「Slack」にアクセスできない状態になった。約2時間半後の10時35分ごろに復旧した。

[ITmedia]

 11月1日午前8時ごろ(日本時間)から、ビジネス向けコラボレーションツール「Slack」に接続障害が起き、世界中で全機能を利用できない状態になった。約2時半後・午前10時35分までに復旧した。

画像 公式ステータスサービスでは「接続障害が起きている」と報告されていた
画像 「Slack」がTwitterトレンドに

 Slackは、チャットやファイル共有などがオンラインで可能なコラボレーションツール。日本ではWeb企業を中心に、多数の企業やグループで使われている。

 Twitterには午前8時ごろから「Slackにアクセスできない」「Slackが落ちている」とった報告が相次ぎ、トレンドに「Slack」が入った。

 Slackの状態を報告する公式サービス「Slack System Status」によると、「接続障害が起きていた」という。Slack Technologiesは1日午前7時58分(日本時間)に障害に気づき、調査・復旧に取り組んだという。

 約2時間後の10時過ぎごろから「Slackが復活した」といった報告がTwitterに相次いだ。Slack Technologiesは10時35分、「全ユーザーがアクセスできる状態になった」と復旧を宣言。「ユーザーの理解・忍耐に感謝するとともに、今回の障害について引き続き調査し、学んでいく」としている。

画像 Slackによる障害対策の状況報告(時間は太平洋時間)

【更新:2017年11月1日午前10時30分:サービスが徐々に復旧している旨を追記・修正しました。記事タイトルと一部の画像も更新しました】

【更新:2017年11月1日午前10時50分:サービスが完全復旧した旨を追記・更新しました】

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.