ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2017年11月06日 17時50分 公開

AIが渋谷区の特別住民に 自治体初 7歳男児「渋谷みらい」

LINEを使ったAIアカウント「渋谷みらい」を渋谷区とMSが開発。「7歳の男児」という設定のAI。渋谷区の特別住民票を交付された。

[ITmedia]
画像 7歳男児のAIキャラ「渋谷みらい」

 渋谷区と日本マイクロソフトは11月4日、LINEを使った人工知能(AI)会話アカウント「渋谷みらい」を開発・公開した。「7歳の男児」という設定のAIで、LINEアカウントで会話やしりとりなどができる。

 渋谷区は同日、渋谷みらいに特別住民票を交付。AIキャラへの特別住民票交付は自治体初という。

 渋谷みらいは、「7歳、小学1年生の少々おませな男の子」という設定。趣味は写真撮影と人間観察で、「人とのおしゃべりが大好き」という。

画像 特別住民票
画像
画像 写真の加工も

 LINEを通じて日常会話ができ、渋谷区の情報に精通しているほか、しりとりや写真撮影・加工(顔写真をモヤイ像風にアレンジするなど)、絵を描くことが得意という。ユーザーとの会話を通じて学んでいく。

 今後はLINE上のコミュニケーションに限らず、渋谷区主催のイベント、渋谷区の小学校で行なっているワークショップなど、リアルな場にも活動の幅を広げていく計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.