ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
» 2017年11月14日 09時29分 公開

2018年の次期iPhoneは「iPhone X Plus」(仮)を含む3モデル構成に──KGI予測

Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏によると、次期iPhoneはOLEDディスプレイの大小2モデルと、液晶で6.1インチの低価格モデルの3モデルになるという。

[ITmedia]

 米Appleが2018年秋に発表するとみられる次期iPhoneは3モデル構成になると、Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が予想した。米AppleInsiderなどが9月13日(現地時間)に伝えた。

 iphone

 OLEDディスプレイの5.8インチ(458ppi)と6.5インチ(480〜500ppi)、液晶ディスプレイの6.1インチ(320〜330ppi)の3モデルになるという。

 3モデルとも、「iPhone X」と同様にTrueDepthカメラ搭載でディスプレイに“切り欠き”のあるフルスクリーン設計になるとクオ氏は予測した。

 液晶ディスプレイの6.1インチモデルはミッドレンジ市場を狙ったもので、価格は米国では649〜749ドルになるとしている。

 つまり、現行の5.8インチのiPhone Xの後継モデル、「iPhone X Plus」に当たる大型のiPhone X、低価格な液晶モデルというラインアップだ。

 同氏は、AppleのサプライチェーンはiPhone Xで経験を積んだので、次期3モデルは遅延なく出荷されるとみている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.