ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
» 2017年12月10日 07時38分 公開

Apple、音楽・テレビ番組認識アプリのShazamを買収か

Appleが音楽・テレビ番組認識アプリのShazamを買収すると米メディアが報じた。Appleは2014年からSiriでShazamの技術を採用している。

[ITmedia]

 米Appleが英Shazamの買収を早ければ12月11日(現地時間)にも発表すると、米TechCrunchが8日、情報筋の話として報じた。米Recodeによると、買収総額は約4億ドルに上るという。

 Shazamは、2000年創業のロンドンに拠点を置く非公開企業。流れている音楽をスマートフォン(立ち上げ当時は携帯電話)のマイクで取り込み、曲名を表示するという音楽認識・検索アプリをiOSおよびAndroid向けに提供している。2011年には曲名だけでなく、テレビ番組や広告も認識できるようになった。2016年9月時点のアプリダウンロード数は10億件以上。

 shazam 1 ShazamはiOS/Androidの音楽認識アプリを提供している

 TechCrunchによると、Shazamの売上高は2014年から下り坂という。

 Appleは「iOS 8」からSiriにShazamの技術を統合しており、検索結果からその楽曲をiTunes Storeで購入できる。Shazamのような機能は、米GoogleのGoogleアシスタントや米Amazon.comのAlexaのようなAIアシスタントにも備わっている。

 shazam 2 Siri(左)とGoogleアシスタントの音楽認識機能

 Shazamは音楽ストリーミング大手のスウェーデンSpotifyや米Snapとも提携している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング