ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年12月18日 11時14分 公開

iPhone Xの次「6.5/6.1インチiPhone」モックを握って分かったこと(動画あり)

次期iPhoneと予想されるスペックをモックに落とし込んだ、「iPhone 6.5 OLED (2018) 」「iPhone 6.1 LCD (2018)」3Dプリントを実際に触ってみた。想像するだけでは分からないことがある。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 ニューヨークを拠点にする3Dプリンタで作る製品のマーケットプレイス「Shapeways」で、VenyaGeskin1が、次期iPhoneを3Dプリントで作ったモック「iPhone 6.5 OLED (2018)」と「iPhone 6.1 LCD (2018)」を販売していたので購入してみた。

photo Shapeways

 KGI Securitiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏が予想している、iPhone 6.5 OLED (2018) 、iPhone 6.1 LCD (2018) の情報を元に、iPhone Xベースに画面比率に合わせて予想して作られた3Dプリントのモックがこれだ。

photo Shapeways

 厚さやiSight Duoカメラサイズは、iPhone Xのサイズと同じに作られていて、TrueDepthカメラ部分は比率から予測されたサイズとなっている。

photo iPhone 6.1 LCD (2018)

 6.1インチ液晶ディスプレイが採用されと噂されるiPhone 6.1 LCD (2018) は、iPhone 8 Plusより気持ち小さいサイズ。

 左手で握った場合、人差し指でサイドボタンは操作できるが、TrueDepthカメラの右側に親指が届かない感じだ。

photo iPhone 6.5 OLED (2018)

 6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイが採用されと噂される iPhone 6.5 OLED (2018) は、iPhone 8 PlusにiPhone 8 Plus / 7 Plusシリコーンケースを装着した状態に近いサイズ。

 左手で握った場合、人差し指でサイドボタンは操作できるが、TrueDepthカメラの左右に親指がまったく届かない。

photo Shapeways

 iPhone 6.5 OLED (2018) 、iPhone 6.1 LCD (2018)、iPhone Xの角を合わせて重ねてみた。

 それぞれTrueDepthカメラ分長くなっていることが分かる。

 対角インチサイズ数値だけでは想像しづらいが、3Dプリントすることで実サイズ使用時の感触が得られる。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.