ITmedia NEWS >
ニュース
» 2017年12月24日 00時01分 公開

マストドンつまみ食い日記:ボカロ丼発「#どんつい」「#どんどん」「$タグ」がおもしろい

マストドンとTwitter、インスタンスとインスタンスを結びつけるアイデアが提案されている。

[松尾公也,ITmedia]

 歌唱合成に特化したマストドンインスタンス「ボカロ丼」管理人のTOMOKI++さんが「Mastodon 2 Advent Calendar 2017」の12月20日分で発表した一連のアイデアが非常にユニークな試みなので紹介しよう。

photo

 まず、「#どんつい」。これは、「マストドン内のトゥートのうち、特定のハッシュタグのついたものをTwitterに転送する」というもの。インスタンスの様子をTwitterで知ってもらうために考案された。ボカロ丼ではこれをTwitter上の@vocalo_dontwiアカウントに転送し、同時に#don_twタグも追加している。この仕組みはGitHubで公開されているので、別のインスタンスが導入すれば、同じハッシュタグで転送されることになる。つまり、#don_twタグを追っていけば、#どんついをサポートするインスタンスの連合がTwitter上に出来上がることになるのだ。

 次に「#どんどん」。#どんついがマストドンの特定インスタンスからTwitterへの転送であったのに対し、#どんどんはインスタンスから別のインスタンスへの転送になる。例えばボカロ丼からMMDの相談をしたいときにMMDインスタンスに作られたボカロ丼の告知アカウントを通してMMDインスタンスのローカルタイムライン(LTL)に情報を流せることになる。現在構想が進んでいる段階。

 そして「$タグ(仮称)」というアイデアも提案されている。タグは結構流行り廃りが激しく、そのせいでLTLが混雑することになる。$タグを使うと専用のタイムラインが生成され、使われなくなるとLTLに統合される。複数の話題がLTLで混在する場合には便利だということでボカロ丼で議論されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.