ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年01月18日 12時42分 公開

東芝、債務超過を解消へ Westinghouse関連資産を譲渡

東芝が米原発会社Westinghouse関連資産の譲渡先を決定。債権譲渡により約4100億円の資本改善を見込み、17年12月の資本増強と合わせ、18年3月時点での債務超過を解消へ。

[ITmedia]

 東芝は1月18日、米原発会社Westinghouse(WH)関連資産の譲渡先を最終決定し、譲渡契約を結んだと発表した。債権譲渡に伴う売却益と税負担の軽減により、約4100億円の資本改善を見込む。2017年12月には6000億円の資本増強をしており、18年3月時点の債務超過を解消できる見通し。

photo

 代位債権とその他債権は、米The Baupost Group傘下のコンソーシアムであるNucleus Acquisitionに、株式はBrookfield WEC Holdingsに譲渡する。債権譲渡は1月中の完了を予定し、売却益約2400億円に加え、税控除後で約1700億円を計上できるという。

 東芝は、米原発事業を巡る巨額損失で17年3月末に債務超過に転落。東証の基準では、18年3月までに債務超過を解消できなければ上場廃止の可能性があった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.