ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年01月19日 10時03分 公開

段ボールMIDIキーボード「KAMI-OTO」、Kickstarterへ Nintendo Laboのライバルに?

1年前から動いてた段ボールキーボードプロジェクトが新展開。

[松尾公也,ITmedia]

 段ボールで音楽キーボードを作るのは任天堂「Nintendo Labo」が初めてではない。1年前に発表されたユードー「KAMI-OTO」がフル機能の段ボールMIDIキーボードになってKickstarterでのクラウドファンディングを開始する。

photo KAMI-OTO Kit

 任天堂が4月20日に発売する「Nintendo Labo」には、段ボールを使った「ピアノ」が含まれる。Nintendo SwitchのToy-Conに内蔵されたIRカメラを使って段ボールによる鍵盤アクションを検知し、Switch本体からピアノの音を再生し、13鍵のピアノに変身させるという仕組みだと推測される

 だが、段ボールを使った音楽キーボードでは先行するプロジェクトがある。1年前に発表されたユードーの「KAMI-OTO」だ。

 発表時にはApple Magic Keyboard 2の上に段ボールでできたキーボードを乗せて演奏し、Bluetooth接続したiPadから音が出る仕組みだった。ユードーはこれを大きく改良した最新版を1月25日から開催されるThe 2018 NAMM Showに出展。組み立て型キットである「KAMI-OTO Kit」でKickstarterによるクラウドファンディングを目指し、現在その試作を行なっている。

 新しいKAMI-OTOは、コンピュータ用キーボードの上にかぶせる簡易的なものではなく、USB、アンプ、スピーカーを搭載した自前の基板を用意。Bluetoothを搭載したバージョンも予定している。iPadなどとUSB経由またはBluetooth経由で接続し、MIDIキーボードとして利用することが可能になる。キーボードスイッチはシリコンゴム製で本格的なものだ。鍵盤数は2オクターブをカバーする24鍵。

 iPhone、iPadやPCなどに接続するMIDIキーボードと同等のスペックを持ち、MIDIに対応した様々なシンセサイザーアプリに接続することができる。ユードー製の8ビットサウンドシンセサイザー「8bitone」なども最新iOSに合わせてバージョンアップし、利用可能になる。

photo KAMI-OTO Kit

 段ボールを使ったキーボードとしては、パイプオルガンと同じ原理で演奏できるものを自作したロシア人職人もいて、なかなか奥深いものがある。

photo

※1月24日追記

Nintendo Laboの段ボールピアノとの類似性について、ユードーの南雲玲生社長がTwitterで「ダンボールキーボード、私はかなり早い段階で発表しております。大人気ないことは嫌ですが、大きな会社が弱小な会社、個人クリエイターの創意を尊重するべきで、類似するものを発表する際に、伝えておくべきだと考えております」と苦言を呈している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.