ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年01月25日 13時06分 公開

ピクシブ、「投稿後24時間で削除」試験導入

「pixiv」で投稿後24時間で作品を削除できる機能が試験導入。「サッと描いた落書きのようなイラストを掲載する」などの用途で使われているという。

[ITmedia]

 ピクシブはこのほど、イラスト投稿プラットフォーム「pixiv」で、投稿後24時間で作品を削除する機能を試験導入した。「pixivにより気軽に作品を投稿してもらいたいと始めた企画」(同社広報担当者)という。

photo 投稿時に「投稿後24時間で削除」を選ぶ

 投稿時に「投稿後24時間で削除」を選ぶと、24時間後に自動で削除し、閲覧できなくする。設定した作品は、詳細ページやサムネイル一覧で、削除までの残り時間が表示される。削除前であれば、編集ページで解除も可能。

photo 削除までの「残り時間」を表示

 1月22日に機能を追加したところ、「描いている途中や、サッと描いた落書きのようなイラストを掲載する」「動画を配信していることを告知するものを載せる」などの用途で使われているという。「ユーザーの皆さまに自由に投稿していただき、新たな発見や体験を通じて、自分なりの楽しみ方を見つけてもらえればと考えている」(広報担当者)

 投稿後24時間で削除する機能は、1月初旬にプレオープンしたイラスト投稿サービス「Raiot」が先行導入している。Raiotは、「Peing(質問箱)」を開発した個人開発者のせせりさん@_sesere)が手掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.