ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年02月19日 12時33分 公開

シャープ「ロボホン」開発者モデル発売 動きを自由にプログラム Scratchにも対応

シャープのコミュニケーションロボット「RoBoHoN」(ロボホン)に開発者向けモデルが登場。付属のWindows用アプリケーションを使い、ロボホンのモーション(動き)を自由にプログラムできる。

[ITmedia]

 シャープは2月19日、コミュニケーションロボット「RoBoHoN」(ロボホン)の開発者向けモデル「SR-X002」を3月2日に発売すると発表した。付属のWindows用アプリケーションを使い、ロボホンのモーション(動き)を自由にプログラム可能。オリジナルのダンスやアプリなどを作成して楽しめる。23万8000円(税別)。

画像 ロボホン

 Windows用アプリ「Motion Works for ロボホン」が付属。ロボホンに搭載した各モーターの可動値や動作条件などを設定することで、ロボホンのモーションを自由にプログラムできる。本体とPCをつなぎ、作成したモーションを実際に確認しながら作業できるほか、専用のAndroidアプリで実行させることもできる。

画像 Motion Works for ロボホン

 子供向けのビジュアルプログラミング言語「Scratch」でロボホン用アプリの開発ができる「スクラッチパック」も付属。ロボホンの対話シナリオの作成のほか、「Motion Works for ロボホン」で作成したモーションを生かしたアプリの開発も可能だ。

画像 スクラッチパック

 開発者モデルは、月額制クラウドサービス「ココロプラン」への加入不要で音声認識機能などが利用できる。電話機能(通話)、メール(メッセージ)機能、アプリケーションの更新(ダウンロード)は不可能。電話帳、顔認識データ、ネットワーク接続情報などのバックアップもできない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.