ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年03月09日 14時45分 公開

トヨタ自動車ら、AI活用の「タクシー配車」支援システムを都内で試験導入

トヨタ自動車らが、AIを活用した「タクシー配車支援システム」を東京都内で試験導入した。

[太田智美,ITmedia]

 トヨタ自動車とJapanTaxiは3月9日、KDDI、アクセンチュアと共同で、人工知能(AI)を活用した「タクシー配車支援システム」を開発し、東京都内で試験導入したと発表した。天気や公共交通機関の運行、大規模イベント情報などのビッグデータを活用し、AIがタクシー需要を予測するという。


タクシー配車支援システム

 配車支援システムに使われるタクシー需要予測技術は、東京都内500メートルメッシュごとのタクシー乗車数を30分単位で予測。タクシー運行実績や人口動態予測だけでなく、タクシー需要への影響が大きい気象、公共交通機関の運行状況、大規模施設でのイベントなど、トヨタ、JapanTaxi、KDDIが所持するデータをアクセンチュアのAIに取り込み、需要の大小に応じた複数の学習モデルを適用し、予測精度は94.1%を実現したという。

 同システムを利用したドライバーの2月の売り上げは、前月よりも1日あたり平均20.4%増えたそうだ。今後は通信型ドライブレコーダー「TransLog」から収集される走行画像の解析結果と、タクシー需要の相関関係の研究も進めていくとしている。

 2018年中の実用化を目指し、同システム導入のタクシーを数十台に増やす予定。新人タクシードライバーの研修ツールとしても活用できるとして、期待が寄せられている。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.