ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年03月14日 15時48分 公開

Flash Playerに深刻な脆弱性、更新版で対処

「Flash Player 29.0.0.113」では、2件の深刻な脆弱性を修正した。

[鈴木聖子,ITmedia]
Photo

 米Adobe Systemsは3月13日、「Flash Player」のセキュリティアップデートを公開し、2件の深刻な脆弱性を修正した。

 Adobeのセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは、Flash Player 28.0.0.161までのバージョンに存在していた2件の脆弱性に対処した。

 いずれも緊急度は同社の3段階評価で最も高い「クリティカル」に指定され、悪用されれば任意のコードを実行される恐れがある。

 脆弱性を修正した更新版のバージョン29.0.0.113は、WindowsとMac、Linux、Chrome OS向けに公開された。優先度はWindowsやMacでは「2」に指定されている。現時点で悪用は報告されていないと思われ、30日以内をめどにアップデートを適用することが推奨される。

 Flash Playerは、Google ChromeやMicrosoft EdgeおよびInternet Explorer 11(Windows 10または8.1向け)を使っている場合は、自動的に最新版に更新される。

 Adobeは同日、「Connect」の更新版となるバージョン9.7.5と、「Dreamweaver CC」の更新版となるバージョン18.1も公開して、それぞれの脆弱性を修正した。優先度はいずれも最も低い「3」と位置付けている。

Photo Adobeの発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.