ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年04月06日 07時01分 公開

次期「Mac Pro」は“2019年の製品”とApple

Appleが米TechCrunchの編集長を本社に招き、Macの取り組みについて説明した。次期「Mac Pro」は年内ではなく、2019年の製品になることや、ハイエンドMacのための「Pro Workflow Team」の存在について語った。

[ITmedia]

 米Appleは、プロ向けハイエンドMac「Mac Pro」の次期モデルは「2019年の製品だ」と、本社に招いた米TechCrunchのマシュー・パンザミノ編集長に語った。同メディアが4月5日(現地時間)、Apple幹部を取材した記事を公開した。

 Macのマーケティング担当幹部であるトム・ボガー氏は「われわれはプロの方々に対して透明性を保ち、オープンでいたいので、Mac Proは2018年ではなく、2019年の製品であると知らせたい。多くのプロがiMac Proを購入すべきか、Mac Proを待つべきか検討しているのを知っている」と語った。

 Appleはまた、プロ向け製品チーム「Pro Workflow Team」の存在を初めて明らかにした。このチームにはハードとソフトの担当者に加え、同社が想定するハイエンドMacのユーザーであるプロと同等レベルの様々な分野のプロが所属しており、例えば映像のプロなら「Final Cut Pro」などをMacで使って実際に作品を製作しながら問題点を指摘する。

 このチームはiMac Proのパフォーマンス向上に貢献し、現在Mac Proに取り組んでいるという。

 なお、このインタビューでは、Mac miniの今後については語られなかったようだ。

 Appleは2017年4月にも、パンザミノ氏を含む数人のIT系メディアの編集長を本社に招待し、Macについての取り組みを説明した。その際、Mac Proについては2018年以降にAppleブランドのプロ向けディスプレイと共に完全に考え直したモデルを発表すべく準備中であると語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.