ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年04月28日 17時34分 公開

ニコニコ超会議2018:懐かしの「ポケベル」集結 NTTが出展 (1/5)

NTTが1990年代に流行したポケベル(ポケットベル)を、ニコニコ超会議2018に出展。

[ITmedia]

 「公衆電話のプッシュボタンで言葉を伝えた甘酸っぱい思い出!」――そんなメッセージとともに、NTTが1990年代に流行したポケベル(ポケットベル)を、ニコニコ超会議2018(4月28〜29日、千葉・幕張メッセ)に出展している。NTT技術資料館(東京都武蔵野市)、NTTドコモ歴史展示スクエア(墨田区)から、30点以上が勢ぞろいした。

photo

 1968年にサービスを始めたポケベルは、外回りを行う営業担当者などの連絡手段として普及し、利用者層が拡大。90年代には、14106を「あいしてる」と読むなど、数字の語呂合わせでメッセージを送り合う言葉遊びが流行した。

 NTTによれば、ピーク時は600万契約を超えたが、携帯電話の普及で契約数が減少。2007年3月末にサービスを終了した。

photo ポケットベル(1968年)
photo ポケットベル(1968年)
photo ポケットベル
photo ポケットベルM型ブルー(1985年)
photo ポケットベルM型ブラック(1985年)
photo ポケットベルM型レッド(1985年)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.