ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年06月12日 06時00分 公開

WWDC 2018:macOS Mojave、カタカナ英語変換強化

新しいmacOSでは日本語変換のエンジンは変わらないが、カタカナ英語変換の候補が増えるなど強化されている。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Appleが、WWDC 2018で発表した「macOS Mojave」の特徴を紹介したページ「macOS Mojave Preview」の「Mac is more fluent than ever」の項目について、WWDCのLabで確認した。このページでは日本語入力変換がより流暢になると説明されているが、具体的にはmacOS High Sierraから可能になった日本語入力時のカタカナ英語変換の候補バリエーションが、macOS Mojaveでは増えていることが分かった。

photo macOS Mojave
photo JapaneseIM Ver 1.0

 変換エンジンは「JapaneseIM Ver 1.0」のままで変更はなく、機能向上を実現していることになる。

 なお、macOS High Sierra 10.13.4から、入力方式として「ローマ字入力」だけでなく「かな入力」でも、カタカナ英語変換ができる。

photo macOS Mojave

 また、Mac is more fluent than everでは、中国語に香港キーボードがオプションとして追加されると説明。繁体字が採用されている。香港の場合、中国本土では少数派言語である広東語が多数を占める。

 香港キーボードを追加した場合、一部のアプリケーションおよびWebページでは使用できるが、macOSで完全にサポートされているわけではないとの注意が追記されている。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.