ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年06月12日 18時20分 公開

VRゲーム間で共通アバターも実現 DeNA、10万点の3Dアバター素材が使えるサービス 開発者向けに無料公開

DeNAが10万点以上のアバター用3Dデータ素材(アセット)を無料で提供する。

[山口恵祐,ITmedia]

 ディー・エヌ・エーは6月12日、10万点以上のアバター用3Dデータ素材(アセット)を無料で利用できるサービス「Avatar Play」(アバタープレイ)の提供を始めた。開発者が自社のゲームなどに組み込めば、アバター制作の手間を省ける他、ユーザーは対応するゲームで共通のアバターを使えるようになる。

photo

 第1弾として、プレイヤー向けのアバター着せ替えアプリ「Avatar Fit」(アバターフィット)と、VR(仮想現実)ゲーム開発者向けの導入支援ツール「アバターSDK β版」を提供する。プレイヤーがAvatar Fitアプリからアバターを変更すると、アバターSDKを導入したゲームアプリなどにも反映されるという。

photo
photo 導入イメージ。Avatar Fitで設定したアバターが、アバターSDKを導入する対応ゲームアプリで使える

 「Mobage」(モバゲー)で提供してきた3Dアバターアセットを活用。アバターSDKはゲーム開発環境のUnityに対応する。現在はβ版のため、アバターSDKを利用するには同社の問い合わせ窓口から名前や法人名、用途などを記入して申し込む必要がある。

 現時点では、VR ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」のみ対応。他のプラットフォームにも順次対応するという。同社は「VR/ARコンテンツの開発ハードルを下げることで、3D市場の発展に貢献する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.