ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年06月26日 07時27分 公開

Apple、防滴でノイズキャンセル搭載のAirPods上位モデル、オーバーヘッド型ヘッドホン、新HomePodを2019年に発売か

Appleが来年、ノイズキャンセル機能搭載のAirPods上位モデル、BeatsではなくAppleブランドのオーバーヘッド型ヘッドホン、次期HomePodを発売すると、Bloombergのマーク・ガーマン記者が予想した。

[ITmedia]

 米Appleの今後のオーディオ関連製品の予測を、米Bloombergのマーク・ガーマン記者が6月25日(現地時間)に更新した。AirPodsの上位モデルとHomePodの新モデル、Appleブランドのオーバーヘッド型ヘッドホンが2019年中にも登場するとしている。

 mark 1

 AirPodsについては、ガーマン氏は2月、2018年中にSiri対応モデルが登場し、来年には防滴モデルが出ると予想した。今回の記事では、2019年モデルにはノイズキャンセル機能も搭載され、AirPodsと併存する上位モデルとして発売するとしている。

 また、AppleはAirPodsに心拍モニターなどの生体計測センサーを搭載することも検討しているという。

 オーバーヘッド型ヘッドフォンは、傘下のBeatsのヘッドホンと競合するようなハイエンドになるという。Appleは当初、このヘッドフォンを年内に発売する予定だったが、技術的な課題に直面し、早くても来年になる見込みという。

 mark 2 Beatsのヘッドホン

 HomePodについては、どのような新機能が搭載されるかは不明だが、現行HomePodを製造している台湾Inventecから製造委託先を変える計画という。2月に米国など一部地域で発売されたHomePodはいまだ日本では購入できないが、これで増産が可能になれば、日本でも発売されるかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.