ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年07月05日 13時13分 公開

「ヘルシオホットクック」AI対応の少人数モデル登場

シャープの「ヘルシオ ホットクック」少人数モデルに無線LAN機能を初搭載。AIによるメニュー提案に対応したほか、ふたを開けたまま加熱できる「煮詰め」機能なども新搭載した。

[ITmedia]

 シャープは7月5日、水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」の新型として、少人数(2〜4人用)の1.6リットルモデル2機種を発表した。上位機種「KN-HW16D」には、無線LAN機能を少人数モデルとして初めて搭載し、人工知能(AI)によるメニュー提案に対応したほか、ふたを開けたまま加熱できる「煮詰め」機能などを新搭載した。オープン価格。

画像
画像

 ヘルシオホットクックは、水や火を使わずに、食材に含まれる水分を利用して調理する電気無水鍋。

 「KN-HW16D」は、クラウドサービス「COCORO KITCHEN」に接続すれば、AIが材料と作り方を画面と音声で告知。ユーザーの調理履歴やクラウドの気候情報などのデータからおすすめメニューを提案する。クラウドから新しいメニューをダウンロードして追加することも可能だ。火加減や混ぜ方を選べる「好みの設定加熱」機能、ふたを開けたまま加熱できる「煮詰め」機能も搭載した。

 無線LAN非対応の1.6リットルのベーシックモデル「KN-HT99B」も9月13日に発売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.