ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年07月19日 17時01分 公開

母乳育児もIoTで 搾乳機の吸引リズムをアプリで調整「Pigeon Switch」

ピジョンの搾乳機新製品は新たに、搾乳機能をカスタマイズできるアプリ「Pigeon Switch」に対応。Bluetoothを使って吸引リズムの調整などが可能だ。

[ITmedia]

 ピジョンは7月19日、母乳育児を行う母親が、乳房にたまった母乳を搾乳できる搾乳機「母乳アシスト」シリーズの新製品4機種を8月20日に発売すると発表した。電動モデル2機種は新たに、搾乳機能をカスタマイズできるアプリ「Pigeon Switch」に対応。Bluetoothを使って吸引リズムの調整などが可能になった。

画像 電動の2機種が「Pigeon Switch」に対応する
画像 Pigeon Switch

 Pigeon Switchは、電動搾乳機「母乳アシスト 電動Pro Personal」(税込1万6200円)、「母乳アシスト 電動Pro Personal+」(同2万7700円)とBluetoothで連携し、アプリで設定した吸引リズムを搾乳器本体に追加でき、体調や気分などに合わせてリズムを調整できる。

 搾乳時間を自動でアプリに記録する機能や、次の授乳・搾乳時間を知らせるリマインダー機能、赤ちゃんの体重や身長、写真を記録する機能なども備えた。

 アプリの開発にはNTTレゾナントが協力している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.