ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年07月26日 16時36分 公開

「aibo」生産台数が2万台突破 発売から約半年で

犬型ロボット「aibo」の累計生産出荷台数が2万台を突破。当初は抽選販売や数量限定販売だったが、現在はソニーストアオンラインなどから予約者全員が購入できる。

[ITmedia]

 ソニーは7月26日、犬型ロボット「aibo」の累計生産出荷台数が、7月中旬に2万台を突破したと発表した。発売当初は抽選や先着順で限定販売していたが、生産体制を強化し、19日から予約者全員が購入できるようにしたことで、さらなる普及を狙う。

photo 犬型のコミュニケーションロボット「aibo」

 aiboは、オーナーとのやりとりのデータを収集し、ソニーのクラウド上に蓄積。AI(人工知能)技術を活用し、賢く成長していくのが特徴だ。1月11日の発売から約3カ月間で、生産出荷台数1万1111台を突破していた

 ソニーストアオンラインと全国5カ所のソニーストアで予約購入が可能。本体価格は19万8000円(税別、以下同)で、ネット接続サービスなどを含むプラン(3年間、一括払いの場合は9万円)への加入が必要になる。

photo ソニーストアオンラインより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.