ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年07月28日 11時03分 公開

次期iPad Proは本体サイズが縮んでヘッドフォンジャックなし?

次のiPad Proはディスプレイサイズはそのままで筐体は小さくなる?

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 次期iPad Proと次期iPhoneに関する新たな仕様について重要な情報がもたらされた。

 狭額縁仕様となり、筐体サイズが少し小さくなる可能性がある次期iPad Pro (10.5-inch) (2nd generation) は、高さ247.5mm、幅178.7mm、厚み6mmとなり、同じくiPad Pro (12.9-inch) (3rd generation) は、高さ280mm、幅215mm、厚み6.4mmのサイズとなるようだと、あるサプライヤーは話している。

photo iPad Pro image

 エッジ部分のダイヤモンドカット加工が前面だけでなく背面にも施され、iPhone SEを巨大化したようなデザインになるようだ。

 頭頂部と背面上部に装備されているマイクは、頭頂部のマイクが2個になりステレオマイク仕様になる模様。

 次期iPad Proから、3.5mmヘッドフォンジャックがなくなるようだが、iPadシリーズはiPhoneとは異なり、EarPodsが同梱されないため、Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタも同梱されないようだ。

photo Alibaba iPad Pro (12.9-inch) illustration

 Touch IDの代わりにFace IDが搭載されることにより、本体を横にしてのロック解除が実現できないためか、これまで側面に装備されていたSmart Connectorの位置が、Lightningコネクタに近い背面下側に移動している。

 このことから、次期iPad Pro用のSmart Keyboardは縦位置で使用する方式に変更される可能性が出ている。

 次期6.1 LCDモデルは、ジャパンディスプレイの第3世代「Pixel Eyes」タッチセンサー方式を採用した、4辺狭額縁を実現する「FULL ACTIVE」ディスプレイを採用しているようだが、非常に高い精度の生産を要求されている状況で、7月から量産を開始したところ、完品率1%というあまりにも難しい状況に直面しており、関係者は、早くて2018年11月末出荷になるのではないかと予想しているようだ。

photo FULL ACTIVE Display

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.