ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年08月04日 12時25分 公開

日本初上陸したスマートスピーカー「Sonos」

ビームス 原宿が、日本初上陸したスマートスピーカー「Sonos」の展示および販売を開始した。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 BEAMSが、ビームス 原宿にて、日本初上陸したスマートスピーカー「Sonos」の展示および販売を開始した。

photo Sonos

 SonosもSonos Japanを立ち上げ、同社オンラインサイトでも販売を開始している。

 2018年秋に本格展開する予定だ。

 音楽ファン向けのスマートスピーカー「Sonos One」(2万3800円)は、Wi-Fi&有線LAN接続に対応し、Amazon Alexaを搭載しており、ニュースや天気予報を確認したり、タイマーのセットやスマートデバイスの管理をお願いしたり、その他のスキルも利用できる。

photo Sonos One

 2018年中にAirPlay 2にも対応する予定。

photo Sonos Play:5

 力強いサウンドの大型ホームスピーカー「Sonos Play:5」(5万8800円)は、縦に置いても横に置いても高音質のサウンド再生可能。

 ライン入力端子を装備しており、3.5mmオーディオジャックを使用してのサウンド再生も可能だ。

 2018年中にAirPlay 2にも対応する予定。

 テレビにつなぐスマートでコンパクトなサウンドバー「Sonos Beam」(4万6800円)は、Amazon Alexaを搭載し、音声操作が可能だ。

photo Sonos Beam

 Beamを電源に接続し、HDMI経由でテレビに接続するだけで使用できる。

 なお、所有するTVがHDMI ARCに対応していない場合は、同梱の光オーディオアダプターを使用して接続する。

 ホームシアターと音楽にパワフルでディープなベース音を追加できるサブウーハー「Sonos Sub」(8万1800円)は、かなりの低音を鳴らすことが可能だ。

photo Sonos Sub

 そのすべての振動の力を打ち消すために、エンクロージャーの両側にドライバーが配置されており、聴こえるのは、ディープで極上のベース音のみで、キャビネットの振動はゼロなのが特徴という。

photo Sonosコントローラ

 iPhone/iPadアプリ「Sonosコントローラ」を使用し、Apple Music、Amazon Music、Spotify、Google Play Musicなど全世界で80以上のストリーミングサービスに対応している。

photo Sonosコントローラ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.