ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月03日 20時01分 公開

シャープの有機ELパネル、自社のスマホで市場へ

シャープが冬モデルとして投入する「AQUOS zero」は、初めて自社生産の有機ELパネルを採用したスマートフォンだ。約6.2インチのフレキシブル有機ELパネルを搭載している。

[ITmedia]

 シャープは10月3日、スマートフォンの「AQUOS」シリーズとして初めて有機ELディスプレイを搭載した「AQUOS zero」を発表した。2018年冬モデルとして市場投入する予定で、同社製の有機ELパネルを採用した初の製品となる。

「AQUOS zero」。有機ELパネルのコントラスト比は100万:1。色域はデジタルシネマのDCI P3をカバー

 AQUOS zeroに採用されたのは、約6.2インチの(1440×2992ピクセル)フレキシブル有機ELパネル。シャープによると、バックプレーン(回路基板)を三重工場(三重県多気町)で、蒸着工程は堺工場(大阪府堺市)のG4.5(基板サイズは730×930ミリ)ラインで行っているという。生産能力など詳細は公開していない。

IFAで公開した「有機EL搭載スマートフォンの試作機」

 シャープは2016年9月に有機ELパネルの生産に574億円を投資すると発表。18年第一四半期決算では「6月から量産出荷を開始する」と明らかにしていた。9月にドイツで開催されたエレクトロニクスショー「IFA 2018」では「有機ELディスプレイ搭載スマートフォンの試作機」を参考出展していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.